2013年07月01日

稲の生育


今日から7月ですね。あっという間に半年が終わってしまいました。早いです。

写真は稲の様子です。

今年は6月が暑かったおかげで生育が良かったのではないかと思われていますが、そうではありませんでした。温度が高く、土中の藁の分解が早まり稲が酸欠状態になりました。

原因はガスです。

土中の藁の分解が進むとガスが出ます。そうなると稲の生育が悪くなり、稲自体の生育が進みません。特に信濃町は秋から一気に寒くなるので、田起ししても藁の分解が遅いのです。そこへ秋に堆肥を投入しているため、尚更ガスの発生の原因になります。

ただ稲の異変に早く気付いたので、水を落としガス抜きを行ったら一気に稲が元気になり、生育も進みました。

ガスも抜けたのでこれからの生育に期待です!

posted by rakunou at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70300720

この記事へのトラックバック